2020年4月21日

作って走らせよう!紙パックカー(型紙あり)

いつもご家庭で紙パックに入った牛乳やジュースを飲んでいませんか?

少し工夫すると、自分だけの素敵な紙パックカーを作ることができるんです。

ご家庭で一度リサイクルして遊んでみましょう!

それでは、作り方をご紹介します。


<材料>

紙パック(1000ml)   1本

竹串(焼鳥やおでんのもの)  2本

ストロー(10cmに切る)  2本

ペットボトルのキャップ    4個

 

<道具>

ハサミ、のり、キリ、テープ、接着剤(必要に応じて)

 

①型紙をA4用紙に印刷します。

 PDFファイル「紙パックカーの型紙」

 

②型紙を「きりとりせん①」にそって切った後、

「牛乳パック角あわせ位置」を紙パックの角に合わせて、

型紙をのり付けします。

 

③「きりとりせん②」にそって紙パックを型紙ごと切ります。

 

④「やまおり」「たにおり」に合わせて折ると、写真の

ような車体になります。

※灰色の部分は紙パックの中に折込みます。

 

⑤車体に絵を描いたり、色紙を貼ったり、自分の好きな

デザインにしてみましょう。

 

⑥ペットボトルキャップの中心にキリで穴を開けます。

竹串にペットボトルキャップとストローを通して、

余った部分をハサミで切り落とします。

 

⑦タイヤを車の底にテープでとめます。

 

⑧完成です。

色々なデザインで自分だけの車を作ってみてください。